【Unity】オブジェクト名が重複した際の命名規則をカスタマイズする

【Unity】オブジェクト名が重複した際の命名規則をカスタマイズ

はじめに

Unity 2020.1 から、Hierarchy ウィンドウ上で GameObject を複製した場合、オブジェクト名が重複した際の命名規則がカスタマイズ可能になりました。

例えば名前が GameObject であるオブジェクト複製した場合、デフォルトでは GameObject (1) という名前のオブジェクトが生成されます。

命名規則をカスタマイズすることで GameObject.1GameObject_1に変更可能になります。本記事ではその設定方法を紹介します。

バージョン情報

Unity 2020.2.0f1

オブジェクト名重複時の命名変更方法

設定変更の場所

Unity の上部メニューから [Edit] -> [Project Settings…] を選択します。

Project Settings の選択

Project Settings ウィンドウを開いたら「Editor」の項目を選択します。

Project Settings の Editor

Editor ページの下部にある「Numbering Scheme」が今回変更する設定です。1つずつ項目を解説していきます。

Numbering Scheme

Game Object Naming

Hierarchy ウィンドウにて、オブジェクト名重複時のサフィックスを変更できます。

MEMO
サフィックス(suffix)とは接尾辞とも呼ばれ、文字の末尾に付け加える文字列のことです。

設定は現状 3 種類あり、 Prefab (1)Prefab.1Prefab_1 から選択可能です。

Game Object Naming の設定

試しに Prefab_1を設定した場合、オブジェクト複製時にオブジェクト名のサフィックスが _1_2_3と「_(アンダーバー) + 数字」になりました。

GameObject複製のgif

Game Object Digits

サフィックスの数字の桁数が指定できます。

例えばこの値を「3」にすると、Prefab_001のように数字部分が 3 桁表示になります。ここで設定できる最大の桁数は「5」までとなっています。

Game Object Digits の設定

また、現状どのような命名規則が設定されているかをプレビュー形式で確認できます。設定を変更する度に表記も随時更新されます。

命名規則のプレビュー

Space Before Number in Asset Names

こちらは Hierarchy ウィンドウではなく、Project ウィンドウでアセット名が重複する際の設定です。

Space Before Number in Asset Names」のチェックボックス ON / OFF で、オブジェクト名と数字の間にスペースを空けるかの設定ができます。

Space Before Number in Asset Names の設定

スペースを空けない場合

スペースを空けない場合

スペースを空ける場合

スペースを空ける場合

おわりに

オブジェクト名が重複した際の命名規則をカスタマイズする方法を紹介しました。現状変更できるのは Unity 側で用意された 3 種類のみですが、ユーザーが自由に設定できるようになればより便利になりそうですね。

カスタマイズすることで命名の効率化に繋がればと思います。

参考資料


Hierarchyでコンポーネント一覧をアイコン表示 【Unity】Hierarchy でオブジェクトのコンポーネント一覧をアイコン表示【エディター拡張】 HierarchyからオブジェクトのON/OFFを切り替える 【Unity】Hierarchy からオブジェクトの ON/OFF を切り替える拡張機能【エディター拡張】