Device Simulator で端末での見え方を Unity 上で確認する

はじめに

Unity でゲーム開発をしている際、実機端末で確認したい時はアプリをビルドする必要があります。ただビルドの処理には時間がかかるため、端末での見え方やレイアウトを確認したい時には少々手間がかかります。

Device Simulator を使えば、様々な端末でアプリがどのように表示されるかを Unity エディター上で確認できます。

この記事でのバージョン

Unity 2020.3.1f1
Device Simulator 2.2.4-preview

Device Simulator とは?

Device Simulator は、アプリが端末上でどのように表示されるかを Unity エディター上で確認できる無料の Unity パッケージです。

Device Simulator 画面

Unity には既存で Game ウィンドウがあり、ここでゲーム実行時の見え方を確認できます。Device Simulator はそれに代わるウィンドウで、端末上での表示をより正確に把握することが可能です。

Device Simulator の導入

Package Manager にない?

[Window] -> [Package Manager] から「Device Simulator」を検索してみましたが、検索結果には表示されませんでした。

Device Simulator が結果に表示されない

調べてみると、Unity 2020.1 よりプレビュー版パッケージは Package Managerに表示しなくなったとのことです。Device Simulator はプレビュー版のため、このことが原因でした。

参考 Unity 2020.1 でのパッケージマネージャーのアップデートサUnity Blog

ただし別の方法でインストール可能なので、その方法を紹介します。

Device Simulator のインストール

Package Manager の左上にある「+」ボタンをから「Add package from git URL…」を選択します。

Package Manager の git URL 入力

テキスト欄に「com.unity.device-simulator」と入力して「Add」ボタンを押すと、Device Simulator のインストールが始まります。

Package Manager のURL入力

インストールが完了すると、Package Manager 上にインストール済みを表す「✔」の付いた Device Simulator パッケージが表示されます。

これで Device Simulator のインストールは完了です。

Device Simulator の使い方

Device Simulator ウィンドウの表示方法

Device Simulator ウィンドウの表示には 2 つの方法があります。

1 つは Game ウィンドウにて「Game」を選択して「Simulator」に切り替える方法です。

Simulator に切り替え

切り替えると Game ウィンドウが Device Simulator の画面となります。

Device Simulator 画面

2 つめは [Window] -> [General] -> [Device Simulator] から表示する方法です。

こちらの方法は Game ウィンドウとは別の Device Simulator 専用ウィンドウが立ち上がります。

Device Simulator の機能紹介

左上から確認したい機種を選べます。

iPhone や iPad、Android 系の様々な機種が選択できるので、各端末での解像度を確認できます。

Device Simulator の 機種切り替え

例えば iPhone の特定の機種には画面上部にノッチと呼ばれるくぼみがあります。

以下の画像では端末選択を「iPhone X」にした際の表示です。 Device Simulator を使うことでノッチ部分がヘッダーと被っていることが判明しました。

iPhone X での Device Simulator

Safe Area」ボタンは端末の Safe Area が確認できます。Safe Area は緑色の枠線で表示されます。

Device Simulator の Safe Area

Rotate」ボタンは端末を回転した際の表示確認ができます。

Device Simulator の Rotate

Fit to Screen」は端末がウィンドウ内に収まるように自動的にスケーリングしてくれます。

端末ごとに解像度が違いサイズも違うため、いくつか端末を切り替えて確認したい時は Fit to Screen の活用をオススメします。

Device Simulator の Fit to Screen

おわりに

Device Simulator の導入から使い方まで紹介してきました。
今回紹介したバージョン2.2.4時点ではまだプレビュー版パッケージなので、今後のアップデートに期待です。

参考資料