Unity でアニメーションの演出を繰り返しループ再生する方法

Unityでアニメーションをループ再生する方法

開発環境

Unity 2021.3.7f1

アニメーションをループ再生する方法

Unity で Animation ファイルを生成し、Inspector ビューを確認すると「Loop Time」という項目があります。

デフォルトでは設定がオフになっており、この状態ではアニメーションを一度実行すると終了してしまいます。

Loop Time」の項目にチェックをつけ設定をオンにすると、アニメーションがループ再生され演出が繰り返し流れるようになります。これで設定は完了です。

Loop Time のプロパティについて(Loop Pose と Cycle Offset)

「Loop Time」の設定をオンにすると、その子階層である「Loop Pose」と「Cycle Offset」の項目が設定可能になります。

「Loop Pose」について

Loop Pose」をオンにすると、アニメーションが繰り返し再生される際の繋ぎの動作が滑らかになります。

「Cycle Offset」について

アニメーションをループ再生する際、特定のタイミングで開始したい場合にこちらの数値を設定します。数値の範囲は「0 ~ 1」です。

例えば「Cycle Offset」の値を「0.5」に設定した場合、ループ時にはアニメーションが 50 %の位置からスタートします。

参考資料

あわせて読みたい

はじめての Timeline 入門 【Unity】手軽に演出を構築!はじめての Timeline 入門 【Unity】ボタンの当たり判定が反応しない時に確認すること【uGUI】 【Unity】ボタンの当たり判定が反応しない時に確認すること【uGUI】